助産師のこれから・・・

助産師と現代日本社会の抱える問題

現在の日本では病院ではなく、助産院や、助産師にサポートしてもらいながら自宅で自分らしい出産をしたいと考えている人が増えてきています。今後結婚を視野に入れている女性でも、助産院や自分の家で新しい命を迎えたいと希望する女性は少なくありません。

ですが実際に今の日本では、医療に加えての助産師というケースがほとんどのため、助産院の数もフリーで働いている助産師さんも圧倒的に少ないというのが現実になります。つまり、助産師として働いている多くの方は、総合病院であったり個人病院の中に組み込まれて働いているという形です。

助産院のみで成り立っていたり、フリーランスでお産のサポートをする助産師さんはそんなに多くはありません。

自宅であったり、助産院で自分らしい出産をしたいと願っている女性と、実際にフリーや助産院で働いている助産師さんの数が釣り合わないということは、需要と供給が残念ながら合っていないということになります。

アットホームな形で赤ちゃんを産みたい女性にとっては、病院で出産するということは、何かトラブルが起きた時以外選択はしたくないという人がほとんどです。このようなこともあり、医療の分野では助産師さんを広く生き渡せることができるような土台作りが大急ぎで行われています。

では果たして助産師さんのなり手が少ないのかというと、そういうことではありません。助産師を希望する人たちは年々増えてきてはいるのですが、助産師が働ける状態がうまく成り立っていないというのが問題なのです。

医療機関側に実習の受け入れ態勢がうまくできていないということも、助産師が日本に普及できない理由の一つでしょう。

大学や看護学校の助産師を学ぶ場なども毎年注目を浴びなりたい若者が増えていますし、先ほど述べたように助産院や助産師を求める女性の声は大きくなっていますが、受け入れる社会がうまく回っていないために、ハードルが高くなり助産師を断念する人たちも少なくありません。

助産師を必要としている女性たちやご家族は多いです。医療機関や行政たちが迅速に考えてほしい問題の一つと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP