助産師にできること、できないこと

助産師が行える業務とは

昨今の日本では、自宅や助産院での出産を望む女性が増えています。また年々助産師になりたいという人も増え、助産師は医療分野の中でも注目の仕事の一つと言えるでしょう。

では具体的に助産師がどのような業務をしているのかというと、ひとことで明確に答えることは難しいです。国家資格の関わる医療従事者の中では、医師が携わる仕事、看護師が出来る仕事といったように役割分担であったり、出来る仕事内容がはっきりと決まっています。

ですが助産師の仕事に関しては、ケースバイケースのように状況に応じて行われることも少なくありません。

ひとつ例を出すとしたら、へその緒の切断です。へその緒と言っても体の一部ですから切断をするとなると医師が行う業務では?と感じがちですが、助産に関わる切断の仕事は、助産師が行っても構わないことになっています。

「これはしても構わない」と決まっている行動も助産師の仕事の中には多くありますが、完全に規則として作られているものだけではないために、その場その場の出来事を見た上で助産師の考によって決定を下すことも多いのです。

確実に決められていることの一つとしては、助産師が一人でできることは正常分娩時における助産行為である、ということになります。

もしも出産時に通常では考えられないお産だと感じた時や、分娩が難しい状況になった場合は、助産院や助産師が自宅でサポートするお産を取りやめ、医療機関でのお産へとシフトします。お産中にトラブルを感じた時は、必ず医療機関へと通知する責任があるのです。

一般的には助産院にて助産師が妊婦さんのお産をサポートしますが、助産院は医療機関とは違い異常分娩時に対応できる造りになっていないため、通常とは違うお産になった場合は、助産師が単独でできることはありません。

必ず医療機関への通知が必要となります。あくまでも助産師は新しい命を生み出すサポートをするための仕事、医療行為とは違うということを覚えておくことが大事です。

↑ PAGE TOP