助産師の仕事もいろいろ

助産師求人-助産師として企業で働く



助産師の方の仕事は忙しくなりやすく、中には助産師の転職を検討する方もいます。もう少し落ち着いて働きたいという方が応募する職場として最近注目されているのが一般企業での助産師の仕事です。

最近はストレスの多い社会となっており、従業員の方の健康管理のために、看護師や保健師を企業内に配置する所も出てきています。助産師ももちろん看護師なので、こうした仕事をしていく事ができ、産婦人科と比べると比較的落ち着いて働く事ができます。

企業には女性の方も多く仕事をしていますが、家庭と両立をしているという方もいれば、結婚して間もない方など、様々な状況の方がいます。

その中には妊娠をした方や、出産後に復帰した方などもおり、そうした方のサポートを行える方として、助産師が採用されるケースがあります。助産師本来の出産の介助の仕事はあまりありませんが、出産前後の女性の方の対応という面では産婦人科と重なる部分も多い仕事で、経験を生かして働く事ができます。
千葉市助産師会へようこそ

また、企業内で助産師として働く場合は助産師本来の仕事だけでなく、その他の様々な仕事も行う場合があります。企業内での従業員の方の健康管理も主な仕事の一つです。

こちらは看護師としての側面が強い仕事ですが、健康診断を計画し、当日の運営を行ったり、感染の恐れがある病気が流行している際にはその予防を促していくという事も行います。幅広い仕事に携わる事ができるため、産婦人科とは違った経験を積む事ができます。

収入面では一般職の方と同じ待遇になる場合が多いですが、助産師資格の資格手当などが付き、比較的高収入になる場合があります。産婦人科で働く助産師の方の収入は高水準なので、応募の前に条件面は良く確認しておくと良いでしょう。

看護師を配置する企業は比較的規模が大きく、体制が整っている企業が多いためボーナスなどが安定して支給されやすいというメリットもあります。転職先の一つの候補として検討するのもお勧めです。

小児科看護師として働く

子供が好きな方は小児科の看護師として働くことも検討してみると良いでしょう。小児科ということもあり、子供と接する機会もとても多いです。

担当するのは0~15歳の患者となっており、この年齢に該当する様々な診療科目を担当することになります。大人を対象とした病院は、診療科目によって分けられていますよね。それなのに、小児科はなぜ年齢で区分されるのか不思議に感じている方もいるのではないでしょうか。

これにはしっかりとした理由があります。それは、人間の体というのは15歳を区切りにして体のつくりが変わるということです。年齢によって治療法も異なるのです。そのうち、0~15歳の患者に特化した治療を行えるのが小児科ということになります。

小児科の看護師として働くことになった場合に、看護師はどのような仕事を担当することになるのでしょうか。外来や病棟で働いている看護師が多いのですが、この他にもNICUやPICUといった職場での求人もあります。

どこで働くかによって担当する疾患や仕事内容も違ってくるので、職場に理想がある方は自分の希望する働き方などをよく考えた上で求人情報をチェックしてみると良いですね。

どの職場で働くことになったとしても、小児科看護師に求められる能力というものがあります。 それは、鋭い観察力です。大人の場合、体の不調などを細かく具体的に伝えることができますが、子供の中にはそれができない子もいます。

看護師が雨で見て判断しなければならないことも多いので、ある程度看護師として経験を積んできた方でなければ戸惑ってしまうことも多いかもしれません。話を聞く中で子供の表情の変化やバイタルサインの変化を読み取り、臨機応変に対応する判断能力も求められます。

また、小児科で担当することになる子供は親に連れられてくることも多いため、保護者とのコミュニケーション能力も大切になっていくでしょう。

子供が好きな看護師であれば誰にでも向いている職場というわけではないので、本当に小児科での仕事が自分に合っているのか考えてみると良いですね。

手術室の看護師として働く

看護師として身につけてきた知識や経験を十分に活かしたいと考えているのであれば、手術室の看護師として働くというのもおすすめです。手術をする際の医師や患者のサポートを行うのが主な仕事で、責任も重大な立場だといえるでしょう。

近年は高齢化社会となっており、手術を受ける患者さんの割合も増えてきました。 手術中には急に患者さんの容態が悪化したり、変化に伴う迅速な対応が求められていることもあり、手術室一室につき4人以上の看護師を配置するのが理想とされています。

ですが、看護師は不足しているため、実際にこのような体制が取れている病院はそれほど多くないのです。手術を迅速に、安全に行うためには十分な数の看護師が必要となるため、手術室看護師は需要が高まっているといえるでしょう。

手術室の看護師として担当することになる仕事は非常にたくさんあるのですが、大きく分けて直接介助と間接介助の2つになります。

直接介助では器械出しといって手術器具を取り扱うこともあるのですが、手術室の看護師として働くことになった場合、ほぼ全科目の手術を担当することになるでしょう。 当然ながら、どの科目の手術なのかによって手術器具の種類も変わってきます。

手術室看護師として働くことになったら自分の名前だけでなく、手順なども正しく把握していく必要があるため、非常に高い知識力が求められる職場だともいえるでしょう。 それに、患者さんの容態が悪化してしまったときには臨機応変に素早く最適な器具を医師に渡さなければなりません。

間接介助も非常に大切な仕事で、こちらは外回りとして手術前に患者さんに声掛けをしたり、術中の体位交換などを行います。

看護師として手術室で働いたことのある経験というのは非常に大きなものになるでしょう。 手術のスペシャリストとして転職なども有利になります。

未経験からでも手術室の看護師を目指すことは可能ですが、責任重大な立場となるため、看護師として十分な知識と経験を身につけている方のほうが望ましいです。

↑ PAGE TOP